IR Information –IR情報– アクロディアのIR情報

事業内容

当社は株主・投資家の皆様をはじめとした全てのステークホルダーに対し、当社の経営方針、事業戦略や財務情報に関する情報を、わかりやすく、迅速、正確かつ公平に提供することを基本方針としてIR(株主・投資家広報)活動を実践し、株主・投資家の皆様の信頼と共感を得られる企業を目指します。

 情報開示の方針について

情報の開示に関しましては、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所が定める適時開示規則に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報については、全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。

 情報開示の方法について

適時開示規則に該当する情報、及び投資判断に影響する重要な情報につきましては、東京証券取引所のTDnet(適時開示情報伝達システム)への登録、プレスリリースの配信、自社のホームページへの掲載等、様々な手段を活用して全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。 また、適時開示規則には該当しないその他の情報につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により迅速、正確、かつ公平に開示する方針です。

 PR情報の開示について

当社はBtoB型の企業であり、またミドルウェアという目に見えない製品を扱っておりますので、PR情報であっても、株主や投資家の皆様に当社へのご理解を深めていただくため、積極的に開示する方針です。また、東京証券取引所が定める適時開示規則において適時開示事項に該当しない業績への影響が軽微な事項も、市場参加者が平等に入手できるようTDnetでの積極的な開示を推進しております。

 沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の約3週間を沈黙期間とし、決算に関するお問い合わせへの回答やコメントを差し控えさせていただくとともに、個別ミーティング、会社説明会の開催を控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、この沈黙期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合は、適時開示規則に従い適宜公表します。なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応させていただきます。