acrodea firstView01

インターホン向けIoTシステム

~新しいユーザー体験を提供、さらに利便性を高めることでマンションの差別化を~

マンション等の集合住宅向けインターホンとスマートフォンを連携し、利便性の高いサービスを実現するソリューションです。
住居内はもちろん、外出先でもスマートフォンで来客対応できる機能がご利用いただけます。
インターホンの新規導入およびリニューアルするマンションにおける付加価値として、「インターホン向けIoTシステム」をご導入いただけます。

スマートフォンがつながるところならどこでも応答可能!

本システムではインターホンがインターネットに接続されることで、屋内だけでなく、屋外(外出先)でもスマートフォン等のインターネットに接続できる機器において、インターホンの基本機能である、訪問者を映像で確認、音声で応答、オートロックの解錠を可能とします。

  • 【主な機能】
  • ・インターホンからの呼び出し受信
  • ・インターホン通話
  • ・オートロックの解錠
  • ・来訪者履歴の確認
  • ・宅配ボックスの着荷状態の確認

導入がしやすく、低コストでの運用が可能!

インターホン向けIoTサーバーはクラウド化されており低コストでの運用が可能です。各住戸への工事は不要なため新築、既築を問わず手軽に導入することが可能です。
※導入可能な物件については事前調査が必要です。

【ご利用イメージ】 スマートフォンで来客応答、ロビーのドアを解除、来客履歴の確認ができます。※専用アプリをGoogle PlayやAppStoreからダウンロードしご利用いただけます。

【対応機種】

中・大規模集合住宅向けインターホン

  • 「VIXUS(ヴィクサス)」アイホン製
  • 「VIXUS 1Pr(ヴィクサス ワンペア)」アイホン製
  • 「DASH WISM(ダッシュウィズム)」アイホン製
  • アイホン製 「Windea (ウィンディア)」パナソニック製
  • 「Windea-R(ウィンディア アール)」パナソニック製

小規模集合住宅向けインターホン

  • 「SIPインターホン(2N IP Vario)」

※上記以外の機種についてはお問い合わせください。

【導入事例】

三井不動産・新日本建設・タカラレーベン・積水ハウス・他日本及び海外の物件に導入されています。

より安心、より安全、より便利に

~インターホンIoTシステムが様々な分野のサービスと繋がります~

インターホン向けIoTシステムは「物流」「介護」「セキュリティ」「広告(通知機能)」など様々な分野のサービスと連携することにより、より安心・より安全・より便利な社会インフラの創出が可能です。

バーチャル警備員

【警備システムとの連携】
インターホンIoTシステムを業者の出入り口に設置することで、警備員を常駐させないバーチャル警備員(無人化)を可能にします。

【生体認証でセキュリティアップ】
生体認証(顔認証)技術と連携し、来訪者の顔認識データを登録することにより、登録されている人物であれば、アプリ画面上に付加情報として来訪者の 情報が表示されます。さらに声紋認識を組み合わせることで、より強固なセキュリティシステムを提供できます。

【セキュリティサービスとの連携】
インターホンIoTシステムの生体認証とセキュリティサービスが連動することにより、来訪者が生体認証より作成されたブラックリスト(不審者・ストーカーなど)に合致した場合、警備会社へ直ちに通報を行ったり、ホワイトリストを作成することで、特定の業者(宅配、食品配達など)が住居者、管理人不在時でも家前までの配達を可能にするなど、住居者へより安心・安全・便利な住環境を提供できます。

バーチャルインターホンシステム

【物流業者、管理会社との連携】
バーチャルインターホンシステムは、実際にインターホンの前に行かなくても認証済みの端末を使い、サーバー経由でインターホンを鳴らすことができるシステムです。このシステムを導入することにより、物流業者の配送担当は事前に住居者が在 宅であるか確認をすることができます。また、建物の管理会社で導入した場合、建物まで赴かなくても住居者のインターホンを鳴らすことができます。

【広告(通知機能)を利用した連携】
アプリの通知機能を利用し、物流業者は事前に住居者へ訪問時間の通知を行ったり、住居者は通知から荷受け時間の変更を行うことができます。また、通知機能を利用して不在票を住居者へ送ることもできます。
建物の管理会社においては、火災報知器・エレベーターの点検など、住居者へのお知らせや、デリバリーサービス・タクシー手配・クリーニングなどのコンシェルジュ業務を簡単に住居者へ提供することができます。

【介護・見守りサービスとの連携】
バーチャルインターホンシステムの離れた場所からでもインターホンを鳴らせる特徴を生かし、一人暮らしの高齢者の安否確認など介護・見守りサービスとの連携が可能です。電話と違い相手の顔が見えるので、利用者へはより安心で身近なサービスを提供することができます。